独自のエンジンを持つ冷凍車

軽トラックの冷凍車からワンボックス車、1.5トンロング、2トン、3トン、4トンロングなどバラエティー豊かな積載量の冷凍車がリリースされています。新車だけでなく中古車でも豊富なサイズがあるので、お手軽に冷凍車を手に入れたいならば、中古冷凍車でも何ら問題ないです。
いろいろな温度の管理ができる冷凍車です。0℃から最低でマイナス25℃まで下げられます。マイナス25℃くらいが必要な食品と言えば、冷凍肉類や冷凍魚類、アイスなどです。マイナス25℃程度まで低下するモデルを超低温冷凍車と呼びます。荷物によってはマイナス25℃くらいまで下げる必要はないです。

冷気を逃がさないように冷凍車のコンテナはかなりの断熱素材が詰め込まれています。超低温冷凍車になってくると、コンテナの断熱素材は厚さが10センチに及びます。プラスしてサブのバッテリー、冷凍機器など付加的な装置が多いので、総重量も重くなってしまい、燃費が悪いという弱点が存在します。
最近はハイブリッドの冷凍車も売り出されており、エンジンを切っている最中は、ハイブリッドの電源を利用してコンテナ内を冷凍できる自動車まで出ています。非常に効率的にコンテナ内を冷やせます。荷台には別個で冷凍装置が装備され、車種によってはマイナス25℃まで冷凍が可能です。
通常のトラックならば、4トン車で1リットル7キロ前後です。だいたいどのメーカー製でも国産の場合は同じくらいです。その上で荷台を冷凍機能付にするとやはり車体の重さが増えますし長時間アイドリングでエネルギーを消費するので、燃費効率は落ちます。ただし、ハイブリッド冷凍車になると1リットルの走行距離が10キロを超えてきます。

トラックのエンジンを止めたのと同時に冷凍庫の電源もストップしては意味が無いので、近年の冷凍車は本格的なタイプになるほど、冷凍用の電源がエンジンとは別個で準備されています。最新型ではハイブリッドの蓄電池をエンジン停止時の電源に使っている冷凍車もあるくらいです。
従来の冷凍車は、エンジンそのものの駆動を利用しながら冷却を行っていました。ですが、エンジンをストップすると冷凍機器もストップしてしまったのです。今も軽トラックの冷凍車などは一緒の構造のままです。しかしながら、最新型にはハイブリッド型冷凍車も開発されており、エンジン停止中にもハイブリッドの電池で冷凍装置が作動するようになっています。
冷凍食品などを運搬する時には冷凍車が活用されるのですが、冷凍車の作りにより運ぶ荷物の限度があるため、用途に合う冷凍車を選んで買うようにして下さい。もちろんスペックが良くなると金額も高額になる確率が多いので、用途以上の車は必要ありませんが、それなりの性能は必要になってくるため注意して下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*