• このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルTシャツとは

団体で行動するとき、同じものを着用すると分かりやすく見栄えがよいものです。例えばアルバイトやパートが多いスーパーや飲食店などで、同じユニフォームを着ていると、スタッフ同士もすぐ見分けがつきますし、訪れるお客さんにとっても見つけやすく便利です。
部活動やゼミのサークルなどで、同じものを作りたいという時もあります。オリジナルTシャツを一緒に着ると団結力も増しますし、どの年に制作したかをすぐ思い出すことができるので、良い思い出となります。
みんなでどんなものを作りたいか相談し、それぞれのグループの目的にあったオリジナルTシャツを選んで制作します。

素材やプリント方法の代表

何といってもインナーの上から直接着用するオリジナルTシャツなので、着心地がよく、汗を吸いやすい綿などが好まれます。またいくらかポリエステルを含めることにより、首回りや袖口が強く、何度洗ってもシャツのカタチが崩れにくいものになります。
オリジナルTシャツを制作するときに気になるのは、デザインがキレイに印刷できるかということでしょう。また、場合によってはよく洗うため洗っても落ちにくい印刷方法が良いです。
そのため多くの会社が採用しているのが、シルクスクリーンという印刷方法です。これは原版と呼ばれるデザインの版を作り、それに印刷したいカラーを塗って版画のように印刷していく方法です。プリントする色が1色なら、一枚の原板で次々に印刷可能です。版を作らないといけないので、これを利用して大量に印刷すれば一枚当たりのシャツ単価は安くなっていきます。印刷した後の発色もよいので、見栄えがします。

その他の印刷方法

シルクスクリーンは、少量の印刷には不向きです。枚数は少ないものの、キレイな印刷をしたいという場合、インクジェットプリントという方法があります。一枚のオリジナルTシャツに色々なカラーを使いたい場合、簡単に印刷できるのがこの方法です。少量だけプリントしたい時や、初めて注文するのでまずは1枚だけ作ってみたい、という場合も利用できます。
熱転写プリントという方法もあります。これは熱に強いシートにデザインを印刷してから、シートごと生地に熱で圧着させていきます。しっかりと圧着させるのでキレイにプリントできます。ドライ素材にもプリントでき、細やかなデザインを印刷できます。それでデジタル写真などのプリントや、細かいカラーを使いたい場合に利用されます。

ピックアップ記事

オリジナルTシャツで目立つ

既存のシャツではできないことを実現できるのが、オリジナルTシャツの強みです。自分たちの思い通りのものを作るため、オリジナルTシャツを活用できます。目立つためにオリジナルTシャツを作成する場合があります...

大量作成可能なオリジナルTシャツ

みんなでお揃いのオリジナルTシャツを制作する醍醐味は、何でしょうか。制作する過程も楽しいですし、どんなロゴやデザインを入れようか、と話し合っている間も盛り上がります。デザインの意見を言い合ったり、試着...

オリジナルTシャツを注文する

オリジナルTシャツをみんなで作ってみたい、と思うことがあるかもしれません。会社でお揃いのシャツを着るために注文することがあります。様々なイベントで、スタッフ全員がお揃いを着る計画を立てることもあります...

種類豊富なオリジナルTシャツ

Tシャツと一言でいっても、色々な種類があります。すぐに思い浮かべるのは半袖シャツでしょう。汎用性が高くあらゆる場面で利用できます。スーパーやデパートといった室内がいつも適温であたたかい場所なら、一年中...